言葉あそび575交心

遊行期に入った鄙隠り老仁ですが、与命の楽しみを、575であそんで、イメージトレーニング。呆け防止のあそびとして、交心もらえるとHappyです。

『 鶏頭や煩悩尽きること知らず 』瘋癲老仁妄句zrq3001

★ ゚゚・。・゚♥゚・。・゚ ❤ 瘋癲老仁妄句 ❤ ゚・。・゚♥゚・。・゚゚ ★

 

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20210102235448j:plain 

 

 

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

 

★ ありがとうございます。

 

 

 

 


❤ 瘋癲老仁妄句zrq3001

 

――♪♥♪―――――――――――――♪♥♪――

 

鶏頭や煩悩尽きること知らず

 

――♪♥♪―――――――――――――♪♥♪――

 

 

 

 > 橘の 寺の長屋に 我が率寝し 童女放りは 髪上げつらむか   。。。作者未詳 (巻16・3822)

 


 【 仁 自遊訳 】

 橘寺の長屋にかわいいおかっぱ頭の娘さんがいたよ。純心で、大らかな心の娘さんだった。大好きになって、一夜、愛し合った。
 あの娘さんも、もう、髪上げをして、結婚しているだろうなぁ・・・。幸せに暮らしていてくれればいいけれど・・・ 

 

 

 

 作者未詳の歌です。
 特別な人が詠んだものじゃない。たとえば老仁のような普通の人が詠んだのかもしれません。

 詠まれたのは赴任した頃の下級役人時代で、飛鳥の街の明るさと熱気に感嘆し、街造りに専念し深く飛鳥を愛した青年期を懐かしんでいる風情です。今はもう政府高官に出世しているのかもしれません・・・
 ぼくのような只の庶民じゃない。


 正直、驚きました。

 ほんとうにこんな世界があったのだろうか・・・
 けれど、あっても、すこしもおかしくない世界なんですよね・・・


 飛鳥は百済の言葉で安宿の郷を意味するそうです。安宿の郷を求めて辿り着いた渡来人の新天地、安堵と夢が充満しているのを感じます。
 筑紫国の海人族の大移動がはじまっていたのでしょうか・・・

 


 今の世界に、この生き方を持ってきたら、どうなんでしょう・・・
 
 今の世は、政治家や官僚の傲慢と頽廃が終末観を漂わせていますけれど、敗戦後の荒野から新しい日本を再生していく希望と熱気、奮闘と自由さに溢れていた気概、人間力の発現と重なるような気がします。

 ただ戦後日本は紐付きでしたけれど、飛鳥は真っ新の建国だったろうと念います。
 中華思想に学びながらも縄文古来の海人族としての人間性と文化が継承されてきたようです。

 


 けれど、昔も、今も、こんな世界は、普通のこととして、在るんでしょうね。
 心が素朴になれば、それが自然なことなのだと思うのですけれど・・・
 人々の心の中に、共同体の暮らしの安寧と絆そして和を以て貴しとなす平和への願いを継承してきていました。その理念を持った長老が長を務め、神の言葉を伝えるものとして共同体を守ってきたのでしょう。

 


 さまざまな万葉人の心を辿ってみようと思いますけれど、最初に出会った万葉歌が、「明日香風」で、そして「童女放り」だということは、老仁の今にシンクロしすぎた選択なのでしょうか・・・瘋癲老仁妄詩の流れとしては流れのまんまなのでしょう・・・

 


 けれど、この世界が、自然の流れとして起こるのには、自然の流れがあるんでしょうね。
 それが飛鳥という時代の創造性だったのでしょう。
 その創造性のダイナミックな流れの中に、長屋の娘さんの心も開かれていたのです。


 長屋の娘さんの心を開き、夢を見させた明日香の風土と人間ドラマを、老仁の最後の故郷の火として、旅していこうと思います。

 

 明日香風は、権力者たちの間にもさまざまな夢を抱かせたけれど、庶民にも新しい世界を待ち、楽しむ心を抱かせたのでしょう。老仁にとっての明日香風は、おかっぱ娘に夢を抱かせる風の源泉です。

 

 

 

 ちっご風起こす情(こころ)に酔芙蓉   仁


 今ここ一番明日は明日に

 

 

 

 明日香風心奪いし冬薔薇   仁


 未だ醒めざる幻の夢

 

 

 

 冬暁や呼び醒まさんか和の心   仁


 是非の根源誠に至れ

 

 

 


★★★ 『 回帰する心を明日香に遊ばせて万葉の恋手繰り寄せけり 』瘋癲老仁妄詩33-01 へどうぞ!!! ★★★
 

 

 


★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

★ ありがとうございます。

 

 

 

 

 


❤ ゚゚゚・゚゚。・♥・。。。 ❤ 青柳仁リンク ❤ 。。。・♥・。゚゚・゚゚゚ ❤

 

 

 

★★★ 

plaza.rakuten.co.jp

 ★★★


 

 

 

★★★ 『 愛呼今飛鳥の今を翔け巡る 』瘋癲老仁妄詩33-03 へどうぞ!!! ★★★

 

 

★ 。。。・♥・。゚゚ ❤ そのまんま575で交心 ❤ ゚゚。・♥・。。。 ★

 

 

 

 

 ★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


俳句・短歌ランキング

★ ありがとうございます。

『 茜草一会の祇王肌に染む 』言葉あそび575交心yxp0601

💎 ゚・。゚゚♢゚゚。・゚♦゚ 言葉あそび575交心 ゚♦゚・。゚゚♢゚゚。・゚ 💎

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200901181743j:plain

 

 

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。

 

 

゚♦゚ 言葉あそび575交心yxp0601

 

――♪^♦^♪―――――――――――――♪^♦^♪――

 

茜草一会の祇王肌に染む

 

――♪^♦^♪―――――――――――――♪^♦^♪――

 

 

 

 花呼さんのBLOGをネット吟行して、唐突にこんな575交心をしてきました。
 不作法も非常識も超越して、ただの凡愚瘋癲老仁の慰戯なのでしょうね。訪問禁止されても仕方のないことでしょうけれど、凝り性もなく無様な愚行を遊ばせてもらっています。
 

 

 

 そぞろ寒愚も顧みず遊びけり   仁


 終着の地は樹海彷徨

 

 

 

 言葉遊びの行く末が見えてくるようですけれど、引き返せない所まで歩いて行くのも林住期道楽の一つになるのかもしれません・・・

 

 

 

 茜草一会の祇王肌に染む   仁


 祇王偲べば物皆祇王

 

 

 

 あなたが不自由でも、わたしは自遊。
 あなたが人を愛していても、わたしはあなたを愛している。
 あなたがわたしを愛していなくても、いいのよ。

 愛は受容を楽しむことだから。
 受容がわたしの燃焼だから。

 

 

 

 愛あれば離苦は一定水澄みぬ   仁


 心に足るは吾の面目

 

 

 

 言葉遊びです。
 闖入ご寛容ください。

 

 

 

 風聞にきみ身罷るか桐落葉   仁


 在らざるきみとなお魂交じる

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

 


*♦* ゚゚・。・゚゚^♦^゚゚・゚゚ ◈ 青柳仁リンク ◈ ゚゚・゚゚^♦^゚゚・。・゚゚ *♦*

 

 

 

★★★ 

blog.goo.ne.jp

 ★★★

 


★★★ 

フォト575『 秋礼衣野蘇羅似多衣古乃杜離吾蘇分 』: なずな通信

★★★

 


★★★ 

seejin23.seesaa.net

★★★

 

 

 

★ ゚゚゚゚。.♦.。゚゚゚゚ 💎 そのまんま575で交心 💎 ゚゚゚゚。.♦.。゚゚゚゚ ★

 

 

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。


俳句・短歌ランキング

★ ありがとうございます。

『 朝顔の紺に潜みし宙在りぬ 』遊行期游泳575yzp3002

*🍀* ゚゚゚・。。♣。。・゚゚゚🍀 遊行期游泳575 🍀゚゚゚・。。♣。。・゚゚゚ *🍀*

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200815111710j:plain

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

写真俳句ランキング
★ ありがとうございます。

 

 

 

*🍀* 遊行期游泳575yzp3002

 

――♣♪♣―――――――――――――♣♪♣――

 

朝顔の紺に潜みし宙在りぬ

 

――♣♪♣―――――――――――――♣♪♣――

 

 

 

 

 おはよう、遊呼さん。
 今日もあい風交心ありがとう。

 いつも、どこでも、あるがまんま。
 遠慮無く、いつでも、どこでも、心交わらせてください。普段着の心でおつき合いできるのが心和みます。

 

 

 > だんだんとはなれていくよ秋の空   遊呼

 

 

 秋の空離るるほどに近くなる   仁


 独りのこころが空游泳す

 

 

 

 秋の空は高いですね。
 どこまで空なんでしょう。空の果てというのはあるのでしょうか・・・
 見えるところが、空なんでしょうね。
 その空の上の見えない空を、宙と表すとなんだか納得できそうです。その宙のたくさんの集まりを宇宙と呼んでも、納得できそうです。

 


 心は、面白いですね。
 そんな見えない宇宙を観ることができるし、その宇宙を遊泳することもできるし、その宇宙の主宰者を考えることもできるんです。
 その宇宙の主宰者は、足下のひとつの草さんでもあるんですよ、とさえいえるんですね。

 


 古人たちの創りだしてきた大きな心の世界がおもしろい。

 

 

 

 朝顔の紺に潜みし宙在りぬ   仁


 爽やか心星の子と遊ぶ

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200815111815j:plain

 

 

 


俳句・短歌ランキング

 

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200815112034j:plain

 

 

 

 

 

★ 遊行期游泳575yzn0104

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 錦秋の嘘も真も遊びけり

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 

 

 

 遊呼さんより、 『 秋の空! 』 の交心をもらいました。
 そのまんま575で交心で交心句をもらっている数少ない人の一人です。心が開かれて、自遊に、あるがままを、そのまんま575で交心できるようになってきています。

 けれど、今朝のテーマはリアルな癌の告知だったので、別にトピック仕立てての交心をもらいました。
 遊呼さん、いつも交心ありがとうございます。

 


 心は表れる。
 心を開いて、あるがまんまを575で表現していると、気づかなかったもう一人の自分が観えてくることが多いんですよ。

 普通は自意識が捉えた自分を自分が納得した形で表現するのですけれど、そのまんま575で交心というのは、できるだけ、自意識の計らいをしないで、湧いて来るままに捉えて表現しようとします。
 慣れてくると、自然と、言葉になって湧いて来るようになるんです。その湧いてくる言葉を575の型で表現する。その時できるだけ作為が入らないようにしたいと思っています。

 何かに拘っている自分と、拘っていない時の自分が、表れた575の中で、見分けられるようになっていくんです。


 どれも自分なのだから、どの自分も、同じように、楽しめるようになるといいのですけれどね・・・

 

 

 

 離れ行く吾を観ている秋の雲   仁


 見られる吾をわれも見ている

 

 

 

 錦秋の嘘も真も遊びけり   仁


 驚き多く怖いもありぬ

 

 

 

 以上、
★★★ 遊呼さんの『 秋の空! 』 への交心です。!!! ★★★

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200815112206j:plain


 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

f:id:heiwanotoride77:20200815112258j:plain

 

 

 

 

*🍀* ゚゚゚・。。♣。。・゚゚゚ 🍀 青柳仁リンク 🍀 ゚゚゚・。。♣。。・゚゚゚ *🍀*

 

 

 

★★★ 

plaza.rakuten.co.jp

 ★★★

 

 

 

★ ゚゚・。♣♣。・゚゚ 🍀 そのまんま575で交心 🍀 ゚゚・。♣♣。・゚゚ ★

 

『 木魂する命に帰れ薄紅葉 』言葉あそび575交心yvp0204

💎 ゚゚・。゚゚♢゚゚。・゚♦゚ 言葉あそび575交心 ゚♦゚・。゚゚♢゚゚。・゚゚ 💎

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200813072759j:plain

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。

 

 

゚♦゚ 言葉あそび575交心yvp0204

 

――♪^♦^♪―――――――――――――♪^♦^♪――

 

木魂する命に帰れ薄紅葉

 

――♪^♦^♪―――――――――――――♪^♦^♪――

 

 

 

★★★ 

smcb.jp

 ★★★

 

 

 芽人さん、
 ありがとうございます。

 「魂」・・・闘魂、商魂と勇ましく使われますけれど、軟弱者のぼくは勇ましい言葉はあんまり好きじゃありません。鎮魂も勇ましい者の心を鎮めることでしょうね。

 なのにどうして「魂」という言葉が好きなんだろうと、ふと、思ってしまいました。
 考えてみると、ぼくは「鬼」も好きなんです。
 鬼は外派じゃなく、鬼は内派なんです。


 「鬼」は象形文字で、人が死んでなる人鬼の姿だそうです。

 人鬼は霊気となって霊界に入ると考えられていたそうです。「ム」が「云」で、雲、雲気のことで、死後の霊を指すようにしたのでしょう。
 「云」を外に出して後に「魂」という言葉が創られたと云います。

 霊魂があるともぼくは信じていませんけれど、なぜか「魂」という言葉が好きなんです。
 ぼくの今の熱中言葉あそびエンドレス・ラブの地平は<魂の交わり>が実存する地平です。実存するのだから「実存の交わり」でいいのでしょうけれど・・・

 TAOの地平も<魂の交わりの地平>とした方がフィーリングに合うのでしょうね。
 <谷神は死なず>といいます。これも宇宙の霊気みたいなものをいうのでしょう。


 一休さんも達磨さんは9年も坐禅してご苦労さんなことじゃ。どうせ元の土に還ってしまうのに、と皮肉を云って笑ってみせます。けれど弥勒さんを信じているのですからね・・・

 


 「命に帰れ」と云い「自然に帰れ」と云う。・・・やっぱり古代人も感じていた「雲気」のようなものがあるような気がします。

 

 

 > もっとも、鬼って平民のことだと思います。   芽人


 雲気、神の言葉を聞くことができるのは王しかいないわけですから王の言葉に随わない者が鬼なんでしょうね。
 だから王の命令に従うように平民は「目を針で潰される」、つまりは無知に封じ込められるという字が「民」だそうです。

 神の言葉を直接に聞いたジャンヌダルクは「魔女」にされてしまいました。

 

 

 また再び言論思想が統制される世情の嵐が吹き荒れはじめましたね。
 鬼は外の鬼退治がはじまるのでしょう。


 ぼくは言葉あそびですけれど、神の言葉ではなく、鬼の言葉で愛と平和を楽しんでいこうと念っています。
 <命に帰れ>は<殺すな>とシンクロする言葉です。

 


 長々と、言葉と遊ばせてもらいました。
 笑って、ご寛容ください。

 

 

 木魂する命に帰れ薄紅葉   仁


 相和してこそ喜ぶ命

 

 

 以上、 【 転載 】 おわり。

 

 

 

 > 老子
 存在の本性はどちらかというと女性のようなものだと言う
 より女性的だ
 そして、そのアナロジーはビューティフルだ
 彼は存在が女性だと言っているんじゃない
 これを覚えておきなさい
 これは論理ロジックじゃない
 彼は存在が女性だということを証明しようとしているんじゃない
 彼はリブ運動を支持しているわけじゃない(笑い)
 いいや
 彼はただ単にひとつのアナロジーを提出しているだけなのだ   。。。パグワン『TAO』p191

 

 

 

 やわらかきひとに会いけり秋の声    仁


 秋の蝶かと見まがう立ち居

 

 

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

 

 

 


*♦* ゚゚・。・゚゚^♦^゚゚・゚゚ ◈ 青柳仁リンク ◈ ゚゚・゚゚^♦^゚゚・。・゚゚ *♦*

 

 

 

★★★ 

blog.goo.ne.jp

 ★★★ 

 

 

 

★ ゚゚゚゚。.♦.。゚゚゚゚ 💎 そのまんま575で交心 💎 ゚゚゚゚。.♦.。゚゚゚゚ ★

 

 

 

 

 


俳句・短歌ランキング

 

『 美しく歓喜を生きる夏の夢 』良寛さんとあそぶyyt0801

 





❤ ゜゜・。・。・ ゜ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゜・。・。・ ゜゜❤

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200802205714j:plain

美しく歓喜を生きる夏の夢

 

  

❤ 良寛さんとあそぶyyt0801

 

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

美しく歓喜を生きる夏の夢

 

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。

 

 

 

 > どんな人の中にも
 男性素質と女性素質がある。

 自分の中の雄々しさを知って
 さらに優しさと柔らかさを守れば
 きみは天下の谷のように
 何でも受け容れる存在になる。
 谷水のようなパワーを湛えて
 タオの母とつながる赤ん坊となる。
 君の中にある白くて清いものを
 意識しつつ、
 黒く汚れたものとともに居る。
 そういう在り方こそ
 この世の生き方の手本なんだよ。   。。。加島祥造『タオ』p078

 

 

 

 万緑や陰陽合わせ駆け巡る   仁


 昨日も明日も吾空の中

 

 

 以下、 【 再録 】 です。

 

 

 

❤ 良寛さんとあそぶyyt0801

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

美しく歓喜を生きる夏の夢

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

 

 

 風の吹くままにBLOGの辿り直しを遊んでいます。
 そしたら、

 


★★★  『 露草に潰えし夢の雫載せ 』瘋癲老仁妄詩053-01zqt0510z08v0510
♪♪♪ 

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=801879923&owner_id=4521611

 にも、同じように、辿り直しをしているのでした。
 そのまんま575で交心が途絶えて、退屈していたのでしょうね。・・・


 でも、それでは、今も、退屈しているのかといえば、ちっとも退屈していないのです。することもしたいこともいっぱいあるんです。それじゃぁ、どうして、過去の交心日記など辿り直すのでしょう。


 過去も未来も今とここ。


 己を知るということに関すれば、どの己を取っても、今とここの己を知る鏡になるんです。

 

 

 

 > 首を回らせば、五十有余年、
 人間の是非は、一夢の中。
 山房五月、黄梅の雨、
 半夜蕭々として、虚窓に灑ぐ。

 


 良寛さんが五合庵を出て乙子神社の庵に移る頃書いた詩です。
 良寛さんの己を知るなのでしょう。


 従容と、しかも歓喜の内に、死を迎える準備をしているのでしょうか。
 古人も皆死に際に遺偈というものを遺している。それが禅僧としての到達点を開示してくれるものになるのでしょうか。何もかも超越して捨ててきた良寛さんですけれど、遺偈には拘ってきたようです。

 いつ死んでもおかしくはなかったし、どんな死に方をしても従容と受け容れていたのでしょうけれど、運良く生き存えてきたのですね。

 


 もう求めるものは何もない。
 只管打坐あるのみです。
 作法を守って姿勢正しく、一つひとつを丁寧に生きていたといいます。


 独りで生きていくことに丁寧であれば、あとは、人といる時は、楽しく、喜んで生きるのがいいですね。良寛さんはやっぱり遊びの達人だったのでしょうね。何でも、本気になって、夢中になって、遊べたんです。
 エピキュリアン良寛さんがいます。


 良寛さんは文学少年栄蔵を最後まで夢中になって遊んだようです。

 

 

 <人間の是非は、一夢の中>なのだから、夢中になれるものがあれば夢中になるのがいちばんHappyなことなのだろうと思います。夢中になってHappyになればいいのです。ただそれだけのことなんです。


 ただそれだけのこととして、老仁は、いつも、夢中になって、辿り直しを楽しんでいるようです。

 辿り直しも、幻視する愛の妄想も、遊行時空の歓喜する己なんです。

 

 

 

 露草や愚仁のままで観自在   仁


 見えるまんまに真偽は問わず

 

 

 

 良寛さんの遺偈は良寛さんの蘊蓄の総決算のようなものなのでしょう。
 無知無才凡愚老仁は、愚仁のままで、小さな世界の、けれど大好きな世界を自遊に駆け回って、歓喜し、十分自足してHappyです。

 転た寝恍惚老仁ですけれど、Happyです。

 


 日がな一日、露草や路傍の草を眺めながら、恍惚至福の時を遊泳して一夢と消えていくことができますように。

 

 

 

 美しく歓喜を生きる夏の夢   仁


 是非を問わねば物皆美し

 

 

 

❤ 良寛さんとあそぶzrp1704

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

露草や愚仁のままで観自在

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

 


俳句・短歌ランキング

 

★★★ 『 一隅を照らす力も失せゆけりなれど心はまだ蠢きぬ 』★瘋癲老仁妄詩5302z07q091702  へどうぞ!!! ★★★
  

 

 

 以上、【 再録 】 です。 

 

 

 > 名は無名から湧き出で
 根源へと沈み込んで、還って
 再び無名となる
 生は死から湧き起こり
 ふたたび死へ移行する
 こころにとどめるべきごく基本的なことは
 これら反対同士は反対ではない
 それらは互いに補い合うものだということだ
 死は生に対立するものではない
 非存在は存在に対立するものじゃない
 非実存は実存に対立するものじゃない
 それらはあらゆる理解を超えた同じ現象のふたつの対極にほかならないのだ   。。。パグワン『TAO』p369

 

 

 

 死が逃げて妄句に戻る朱夏の夜   仁


 麦田は刈られ鋤き起こさるゝ

 

 

 

 生も死も凡愚の夢よ百日紅   仁


 時には妙味時には妙見

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200802211226j:plain

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200802211611j:plain

 


❤ ゚゚゚..*♥*.. ゜゜゜ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゜゜゚..*♥*.. ゚゚゚ ❤

 

 

★★★ 

haiku23.cocolog-nifty.com

★★★

 


♪♪♪   

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=734156698&owner_id=4521611

 

 

★ ゚゚・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゚゜★

 

フォト575あそび『 魂を癒す菫に出会いたし 』xzr1901

💓 。。。・。・ ゜゜ ♡☆♡ フォト575あそび ♡☆♡ ゜゜・。・。。。💓

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200723061455j:plain

 

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村
★ ありがとうございます。

 

 


💓 フォト575あそびxzr1901

 

――♡☆♡―――――――――――――♡☆♡――

 

魂を癒す菫に出会いたし

 

――♡☆♡―――――――――――――♡☆♡――

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200723061557j:plain

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

f:id:heiwanotoride77:20200723061814j:plain

 

 

 

 



💓 ・。・。。♡☆♡・。・ ^♡^ 青柳仁リンク ^♡^ ・。・♡☆♡ 。。・。・💓

 

 

★★★ 良

plaza.rakuten.co.jp

 ★★★

 

 

★ ・゚・^♡^・゚・ ❤ そのまんま575で交心 ❤ ・゚・^♡^・゚・ ★

 


俳句・短歌ランキング

『 露草の今ここの色深まりぬ 』良寛さんとあそぶyyq2505

❤ ゜゜・。・。・ ゜ .^♡^. 良寛さんとあそぶ .^♡^. ゜・。・。・ ゜゜❤

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200720190939j:plain

 

 

 

★ パチンと、 ランキングにご協力くださいね。

にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村

★ ありがとうございます。

 

 

❤ 良寛さんとあそぶyyq2505

 

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

露草の今ここの色深まりぬ

 

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

 

 

 風が吹けば靡き、雨が降れば穂を垂れる。
 日照りがつづけば萎びれる。
 倒れれば倒れるままに
 それでも従容と息づいているよ。
 草の命もわたしの命も同じだね。

 

 

 

 コスモスの倒るるままに花咲かす   仁


 死ぬまぎわまで吾は575

 

 

 

 踏まるるもまた花立ちし赤まんま   仁


 観念なければ死ぬまで生きる

 

 

 

 露草の今ここの色深まりぬ    仁


 ふたりのあなたふたりのわたし

 

 

 

 以下、
★★★ 

mixi.jp

 ★★★ 

 

 

 

❤ 良寛さんとあそぶzqq2501

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

かく深きめぐり愛あり草の露

――♥♪♥―――――――――――――――♥♪♥――

 

 

 

  雪呼さんより、  『 踊る夜は心銀河に遊ばする 』 に良寛さんの句を寄せてもらいました。

 


★★★  『 踊る夜は心銀河に遊ばする 』★交心俳句089z03z08r0824 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪  http//shashin-haiku.jp/node/3211 ×    仁

 


 雪呼さん、秋には秋のあい風、花の時は花のあい風、いつもあい風ありがとうございます。

 

 

 

 > 良寛句104 倒るれば 倒るるままの 庭の草

 


 良寛さんがなくなる前の年の句だそうですね。
 とすれば、もう、貞心尼さんとの3年のおつき合いが流れています。貞心尼さんには、夢実現の出会いがあり、良寛さんには、実存の交わりがあるのでしょう。


 思えば、3年間のおつき合いは、相当長いですね。
 その長い三年間のおつき合いの内実を知りたいと強く思うのですけれど、・・・まだ、『炎の女』も読了していません。次には、水上勉さんが待っているというのに ・・・

 三年がかりで、読むことにしましょう。

 


 > これぞこの ほとけの道に 遊びつつ つくやつきせぬ みのりなるらむ   貞心尼


★★★ 良寛貞心尼相聞歌01z01『 これぞこのほとけの道に遊びつつつくやつきせぬみのりなるらむ 』  へどうぞ!!! ★★★
 

 


 からの相聞歌の足取りを、ゆっくり、ゆっくり、辿ることにします。

 


俳句・短歌ランキング

 

 

 倒れゆく命眺むる草の露   仁


 友の死吾の死いかに眺めん

 

 

 

 。。。 ≪ 雪呼さん、おはようございます。
 草花も雨に倒れてしまったんですね・・・
 けれど、倒れたままで、花を咲かせるものもあり、枯れていくものもある。みっともないと整理されることもある。


 倒るれば 倒るるままの 庭の草   良寛

 
 良寛さんは、人の計らいの入らない、自然のままを大切にするんですね。
 自然の流れを大切にするんですね。

 

 

 草も木も、
 虫も鳥獣も、
 わたしも、
 みんな同じだよ。

 雨風で倒れ、
 日照りで枯れる。

 時が来れば、
 別れがある。


 わたしももうすぐお迎えが来るんだよ。
 自然を眺めるように、
 わたしの死も迎えておくれ。


 あなたが草花を眺めるように、
 わたしを送ってくれると、
 わたしも草花になることができるんだよ。


 ありがとう、
 草花に戻って、
 あなたに、また、会えることが、うれしいよ。

 

 

 

 かく深きめぐり愛あり草の露   仁


 吾にも巡れ至福の妙会    ≫ 。。。

 

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200720191159j:plain

 

 

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村

 

 

f:id:heiwanotoride77:20200720191229j:plain

 

 

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 都々逸で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 

 

 

★ 都々逸で交心x11r082501

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


 死線吹き消し
    閻魔と遊ぶ
       あんた待つ身の
          道草よ   仁


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 

 

 

 秋風や永遠の恋見せ優游と   仁


 あなたの小鳥小鳥のわたし

 

 

 

☆☆☆ 乃呼さんの、 『 愚恋の炎 』 への交心です。 ☆☆☆
♭♭♭ http//smcb.jp/_ps01post_id=3382846&oid=399518

 

 

 

★ 都々逸で交心x11s071902

――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――


 > ♪ 唄わないでよ
        盆きり詩を
           私しゃ寝付けぬ
              怨み華  (ノд-。)クスン…     乃呼


              盆きり掟
           破り日参
        寝せておくれよ
     不眠花   仁


――★♪♪★―――――――――――――★♪♪★――

 

 

 

 盆きりにあらず不易の花詠え   仁


 年々歳々命新たに

 

 

 

 


❤ ゜゜゜..*♥*.. ゜゜ .^♡^. 青柳仁リンク .^♡^. ゜゜..*♥*.. ゜゜゜ ❤
   

 


★★★ 

plaza.rakuten.co.jp

 ★★★
♪♪♪ 

 

 

★ ゜・・*♥*・・ .❤.そのまんま575で交心.❤. ・・*♥*・・゜ ★